・スタートアップのショートスピーチ 

 ・パネルセッション「スタートアップで働く魅力や可能性」 

スタートアップ企業で働くメリット(スタートアップか大企業か) 

 ・インターンシッププログラムのご案内 

8月26日~9月6日(東京にて実施) 

 ・ネットワーキング(交流会) 

OPEN   17:30

START   18:00

FINISH   20:00

代表取締役 姜京日 

ロボット工学を専門に、青山学院大学にて機械工学の学士と南カリフォルニア大学 (USC) でコンピュータサイエンスの修士を取得。その後NHN JapanでUser Interface Technology室を率い、任天堂にてゲーム機器のオンライン関連UIの開発を行いました。東京生まれ、ブラジル音楽が大好き。

代表取締役 中村多伽

京都大学卒。国際協力団体の代表として途上国に小学校建設などを行う。その後、NYのビジネススクールに通いながら現地報道局に勤務し、大統領選や国連総会の取材に携わる。様々な経験を通して「社会課題を解決するプレイヤーの支援」の必要性を感じ、帰国後に株式会社talikiを設立。現在は関西を中心に社会起業家のインキュベーションやオープンイノベーションを行う。

代表取締役社長 高橋 真知

小学生からニューヨークに住み、アメリカの大学を卒業。大学時代は美術史を専攻しシカゴ美術館等でインターンを経験。その後ITベンチャーに就職。退職後、関西学研都市の研究所ATRにて事業立ち上げを行い、2005年から社内ベンチャーをスタート。2010年頃からStrolyの原型となるちずぶらりシリーズをリリース。

代表取締役 徳田貴司

京都大学大学院工学研究科卒業。
大手家電メーカーにて8年以上機械設計と製品の量産に携わる。
2014年 総務省 異能 vation プログラム本採択者に選出。
2016年、株式会社Keiganを創業し、ラピッドプロトタイピングを目的とした モーターモジュール「KeiganMotor」を発売。
今後もロボット分野にフォーカスして続々製品をリリース予定。

代表取締役CEO 藤原健真

カリフォルニア州立大学でコンピューターサイエンス学位を取得後、ソニー・コンピュータエンタテインメントでPlayStation2のGPUライブラリの開発等に従事。26歳で1社目のITベンチャーを共同創業し、以後、複数のテクノロジーベンチャーで共同創業者兼CTOを歴任。2014年1月にハカルスを創業。

CEO 大木和典

2012 年より NISSHA(株)現地法人Nissha USA で活動。2016年 mui プロジェクトをアメリカ・ボストンにて始動。
2017 年 10 月 mui Lab 株式会社を設立。2019年5月1日NISSHA(株)よりMBO、スピンアウト。
「無為自然」で人に寄り添うテクノロジーを実現するIoT向けUX ソリューションを提供する。
主力製品「mui」がCES2019 Innovation Award受賞「スマートホーム」部門及びBest of Kickstarterを受賞。